トップページ >  > 大好きな長万部のカニめし『かなや』

大好きな長万部のカニめし『かなや』

かにめしと言えば絶対かなや!

昨日は、デパ地下に行って、旦那さんも私も大好きなカニめしを買って帰りました。
「かにめし」って、本場は北海道道南の函館の手前の「長万部町」(おしゃまんべちょう)というところが有名です。国道にはいろんな「かにめし屋さん」があります。

でも、「かなや」ってところのかにめしが一番美味しいと思います。
いろいろ食べ比べてみて思いました。

「かなやのかにめし」が丸井のデパ地下で実演販売して売っています。
注文してから、かにめしを作っていたのです。

前は既にできあがったものを売ってたのですが、旦那さんがお店に「ご飯が固い」「ちょっと、味落ちた。」など言ったら、次行ったら実演販売になっていたそうです。
旦那さんってすごい思いました・・。

大きさは2種類あって、普通サイズとそれに一回り小さいチビサイズがあります。
私はいつもチビサイズを買って食べてます。
自家製ののりの佃煮がまたこれがおいしいですよ。あー、カニって美味しいですよね。

やっぱり毛ガニが好き

カニの種類で毛蟹が一番オイシイ!

いよいよカニの美味しい季節がやってまいりました。
タラバ、花咲、毛ガニ、ズワイ、上海etc...と種類はたくさんありますが私は毛ガニが好きです。
長万部のかにめしで有名な『かなや』のカニも確か毛ガニを使用していますよね。
カニといえば子供の頃から我が家では毛ガニでした。と言うか、大人になるまで毛ガニしか食べたことがなかったのです。

大人になって色々な種類のカニがあることを知り、ちょっとビックリしました。
幸せなことに今まで、そこそこのカニを賞味してきましたがやっぱり原点に帰って、毛ガニが一番好きですね。
ずんぐりむっくりしたあの姿も愛嬌があるし、毛のはえた脚はどこかのオヤジっぽいし、
甲羅の中に入っているミソも濃厚で美味です。
甲羅を開けて、おいしそうな(見た目はそうでもないか・・)みそがびっちりつまっている時は、とっても得した気分です。

もちろん、身のおいしさはいうまでもありません。脚のほうはタラバほどは身がありませんが
短い脚にうま味が凝縮されていて、何本でもいけてしまいそうです。
実際には経済的な理由で本数制限がかかりますが。
寒い季節、鍋に入れれば美味しいだしもでるし、日本酒がすすみそうですね。